• このエントリーをはてなブックマークに追加

日本製社章の魅力

社章の製作にあたり日本国内で仕上がりまでしている所もあれば、注文だけ国内ですが製作を外国の工場に依頼している所もあります。外国で製造する場合でも、品質でも相応に安心で大量生産に対応できる体力も確保していると、心強い要因となります。そのうえ、費用が抑え目だとコスパの高い社章に仕上がることもあります。
一方、日本製の社章にも高い安心感が得られます。一つ一つを手作業でしてもらえると、細かなデザインまで高品質になります。機械でも大量生産は可能ですが、職人の技術も楽しめる要因に繋がります。品質面にて、時間が経っても色あせないタイプが多いです。製作したままの状態を長期間得られることで、社章の愛着以外にも魅力を高めてくれます。注文前に、業者のホームページや見積もりを利用して確認すると良いでしょう。

外国製の社章の需要が高い理由

社章を製作する業者選びのポイントとして、可能な範囲安い費用にしてもらえると消費者心理としては注文しやすくなります。たとえ日本製が高品質であっても、値段も選ぶ基準になりやすいです。
外国で製造するにあたって、人件費節約にも繋がりやすいです。そのうえで輸入コストを抑えることで、低コストで提供することもできます。一方、コストダウンはやり過ぎると品質低下になりかねません。長期間装着しても色あせをしたり、止め具が劣化しやすいなどのトラブルが起こり得ます。特に、社章は会社のシンボル的な役割にもなりますから日本製で費用が高めであっても、安いだけが理由で選ぶことはやめておくと良いでしょう。

業者選びも一つのポイントです

費用が安いだけで、社章を製造依頼することで後々デメリットも生じかねませんが業者選びはポイントになります。
日本製であっても、デザインや品質を確認することができると選ぶ際の一つの資料となります。ホームページからはもちろん、可能なら直接見て確認すると良いでしょう。業者に注文して商品が届くまでの情報を、口コミで掲載している所もあります。値段以外で、デザインやサービスの良し悪しを直に確認できることがポイントです。大まかなイメージを抱くことで、注文の際における流れを確認することができます。
製作から仕上がりまでの大まかな納期も掲載している所がありますが、繁忙期や長期休暇などでずれが生じることもあります。あらかじめ確認しておくことで、トラブル回避に繋がります。また、日本製の場合だと急ぎや追加の依頼にも応じてもらえることがあります。

ピックアップ記事

社章の止め具の役割

社章を製作する中で、表面の素材やデザイン選びは欠かせないことですが、止め具などの裏面の素材選びも長く使用するには必要です。特に、衣類のうえに装着しますから素材に傷がつきにくいものが良いでしょう。ビジネ...

高級感を出すための社章の素材選び

重役などの役員レベルの方や、永年勤続者向けに社章を製作する場合にて高級素材のものだと、モチベーションを高めやすくなります。特に、プラチナや24金などは他の金属では出せない重みが得られます。その分、受け...

社章製作から仕上がりまでのおおよその流れ

近年では、直接店舗に来るだけでなくホームページからでも社章の製作ができます。既製品の場合は、好みのデザインを選んで見積もり書を作ってもらいます。そのうえで、納得した場合に注文をして文字彫刻や在庫手配を...

日本製社章の魅力

社章の製作にあたり日本国内で仕上がりまでしている所もあれば、注文だけ国内ですが製作を外国の工場に依頼している所もあります。外国で製造する場合でも、品質でも相応に安心で大量生産に対応できる体力も確保して...